直撃本田圭佑 を読んだ

直撃 本田圭佑

尊敬する人は?と聞かれていつも答えるのが本田圭佑

小学校の頃にサッカーをやっていたのもあり、日本代表戦は欠かさずみるようにしている

特にW杯南アフリカ大会からは個々の選手にも注目して記事を読んだりYouTubeでプレーを見るようになったのだが、そのなかでもやっぱり本田圭佑に自分は惹きつけられた

理由は色々あるが、この本を読んでその理由に納得させられた

個人的にはビジネスよりもサッカーでの成功をもっと期待したいところだが、それは次のロシア大会まで楽しみにしようかなと思う

試合に出て活躍して欲しい

以下、心に残ったセリフ集

  • 都合のいいのが嫌いで。かっこいい感じやなと思ったら俺はしゃべるし、ダサいなと思う時はしゃべらんし

  • 人のやらへんことを、やりたいからね。それをやったら、誰もたどり着けへんやろって思っている

  • 1年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り組むことができる

  • 要は自分の信念から逃げるか逃げないか。逃げれば楽やし、その瞬間は楽しいけど。逃げへんかったらその瞬間は辛くて厳しいけど、そのぶん未来に楽しい時が来るかもしれない

  • 人生は白黒で、グレーにするかどうかっていうのはそれぞれの身勝手な考え方であって。そっちの方が楽だから。日本人はグレーを好む

  • 1割のいい時のためにどんな辛いことも頑張れる。その喜びのためにサッカーをやっているし、これからもやり続ける

  • 下に落ちるっていうことが進化していないということではないんですよ。下に落ちるのも、次に上がるための変化かもしれない。上がるために落ちることが必要なこともある

  • 一般の父にとって衝突に見えたとしても、自分にとっては衝突でもなんでもないってこと。むしろ俺にとって衝突を避けるのは相手に媚びていることにしか思えない。本音を言ったことで何かが起こると恐れているというようにしか見えへんから。むしろ相手のためになるのに本当のことを言ってあげない。俺から見たらそんなものはなんの改善もされへんコミュニケーションでしかないよね

  • 人間関係を大事にするなら本音を言わないとあかん。むしろ俺は、本音を言わない人は逆に人間関係を大事にしていないように思える

  • やっぱ、格ってしらんまに身についているものやと思うんですよ。人が判断するもの。自分がどの程度の格かって、自分ではあんまりわからんかったりするから。絶対に負けたくないという気持ちがオーラになり、試合での存在感につながる。そこに差があると、どうしてもビビってしまう。ビビっているつもりはなくてもね

上に立つ人間は普通の人とうまく物事を進めるためのコミュニケーション能力が必要なのだろうか?

本音でぶつかれる仲間をどれだけ作れるかが人生において大事なことだと思う

直撃 本田圭佑